兵庫県姫路市の坂本瓦店。雨漏り修理からリフォームまで、屋根工事の事なら何でもお任せを!
坂本瓦店     〒679−2143
    兵庫県姫路市香寺町中仁野322−1
     Tel・Fax   079−232−7275
    営業時間  AM8:00〜PM8:00(年中無休)

-INDEX-

トップ 会社案内 ワークフロー 業者選定のポイント
施工例 太陽光発電 対応エリア 所在地マップ 屋根のトラブル
お問い合わせ 瓦について 新着情報 ブログ

屋根のトラブル

瓦のずれや瓦の線が通っていない

雨漏り

瓦のズレ



縦の線(良)

縦の線(不良)

横の線(良)


横の線(不良)
  瓦のずれや瓦の並んでいる線の乱れは、見た目の美しさを
  損なうだけで無く、雨漏りを引き起こす大きな要因です。

  瓦はどんな瓦でも、縦・横に一定の寸法があります。
  それが、何十枚・何百枚・何千枚と並んでいます。
  それら一枚一枚が厳密に言えば、屋根の形状の中で碁盤
  の目状態に並んでなければいけません。

  ですから、縦・横の線はもちろんの事、斜めの線(雁足:
  がんあし)が奇麗な直線で、もしくは曲線でなければいけま
  せん。ここでは、直線で説明します。

  特に、斜めの線が大事です。斜めの線が直線で奇麗で
  あれば、縦の線も横の線も奇麗な直線になっている筈
  です。これは、縦・横が一定の寸法で瓦が並んでいることを
  意味します。この状態がベストです。

  瓦の並びが醸し出す、美しい縦・横・斜めの線が乱れて
  いる原因は二つです。

  一つ目は、施工の段階です。これは、論外でしょう。


  二つ目は、最初の施工以後地震や、道路・線路の傍の
  住宅であれば、車や電車による振動が主な原因と思われ
  ます。しかし、最近の工法は少々の振動では、なかなか
  ずれない工法です。土の粘着力だけの工法で施工している
  場合は、ずれが生じやすいです。築年数の古い住宅に
  多く見られます。

  瓦がずれている場合、縦の線は真っ直ぐでも、横の線・
  斜めの線が乱れています。

  縦と横の線が真っ直ぐで、斜めの線がくの字状になって
  いる場合は、職人さんがその部分で、調整されたものと
  思われます。これは、おそらく極端な場合を除けば、雨漏り
  を誘発するものでは無いです。

  とにかく、縦・横・斜めの線が、でこぼこになっているのが
  線の乱れの原因です。

  一度、二階の窓からや外に出て、屋根の線を見ては如何
  でしょうか。
瓦の破損・傷み
瓦のズレや線が 通っていない
瓦の落下や 抜け落ち
浮いている瓦
漆喰の剥がれ
屋根や樋に草や苔 が生えている
樋から雨水が 溢れいる
谷板(銅板)に穴

斜めの線(良)

斜めの線(良)

斜めの線(不良)

トップ会社案内ワークフロー業者選定のポイント施工例太陽光発電対応エリア
所在地マップ屋根のトラブルお問い合わせ瓦について新着情報ブログ
Copyright(C)2011坂本瓦店.All Right Reserved.